イトーヨーカ堂 の紹介

イトーヨーカ堂

イトーヨーカ堂 の検索結果


【イトーヨーカ堂】とは

株式会社イトーヨーカ堂(イトーヨーカどう)は、
関東地方を中心に四国・九州以外の全国に店舗をもつ
ゼネラルマーチャンダイズストア(GMS)「イトーヨーカドー」を運営する会社。
セブン&アイ・ホールディングスの子会社であり中核企業である。
社名は「イトーヨーカ堂」だが、店舗名では「イトーヨーカドー」あるいは
「Ito Yokado」と表記しており、報道などの略称では「ヨーカドー」
といわれることが多い。証券市場では「イトヨーカ」
と表記されることが多かった
(持株会社セブン&アイ・ホールディングスの上場後は非上場)。
英語表記の頭文字を取って、「IY(アイ・ワイ)」とも呼ばれる。


以下 /無料で現金やウェブマネーなどがもらえる/ はこちら↓


Sponsored link

【お得な情報】

無料で現金やウェブマネーなどがもらえる
げん玉という会員数100万人の大人気ポイントサイト。安心、確実、300円から換金。

げん玉とは
げん玉とはサイトコンテンツにてポイントを貯めていき、そのポイントを現金などに換金できるサイトです。げん玉はネット副業初心者の方でも安心・簡単に稼ぐ事ができます。げん玉へ新規登録初日で2000円ほど稼ぐ事もできます。

★登録前のワンポイントアドバイス→げん玉を含めポイントサイトへ登録する際はメール受信数の増加を考え、なるべくフリーメール(Yahooメール等)を利用しましょう。


【げん玉を攻略】

@登録が終わったらまず「すぐゲッチュ!」のコーナーへ行きます

ここのコーナーは0〜5分くらいでポイントが反映されるのですぐ貯めやすいです そんなに多い量ではないので全部登録できると思います

約1時間後

Aこんな感じになります

10p=1円計算なので1時間でおよそ2000円分のポイントを稼ぐことができました。


又、トップページにあるサービス一覧を見ると数百個のサービスがあります

この中の半数以上は無料会員登録なのでそれら全部に登録したらかなりのポイントを得ることができる様です

(私の某友人は実践してランキング上位に載るほどポイントを集めていました)

なので毎日何十個登録する、と決めて何日間かやると良いようですね


Sponsored link


通販 ショッピング の紹介ファッション 通販 の紹介

ウェブマネーの紹介




 
 

合計:無料カウンター 本日:セフレ 出会い 昨日:無料 出会い系 無修正web制作結婚情報熟女ゴルフ会員権

Copyright (C) 2007 moscot All Rights Reserved.

イトーヨーカ堂

イトーヨーカ堂

イトーヨーカ堂

イトーヨーカ堂
イトーヨーカ堂

イトーヨーカ堂は7日、約10万点の商品を取り扱うショッピングサイトを開設した。注文した商品については、全国のセブン-イレブン11,848店舗で送料・手数料無料で受け取れる。支払い方法は、クレジットカード、宅配代引き、セブン-イレブン代引き、セブン-イレブン前払いの4種類から選べる。  ショッピングサイトでは当初、衣料品44,000点、生活関連品48,000点、食料品8,000点など約10万点の商品を販売。商品分類は、食品・お酒、キッズ&ベビー、ファッション、住まいと暮らし、おもちゃ・ゲーム、美容・健康、ギフトの7カテゴリを用意する。商品価格は、イトーヨーカドーの店舗と同じ。商品の到着日は在庫状況により異なるが、大半の商品は購入後3〜5日で届くという。  商品を指定の場所に届けることも可能で、購入金額が税込2,500円以上であれば送料は無料。税込2,500円未満の注文の場合は、商品10点ごとに配送料380円がかかる。なお、9月20日までは、オープニングキャンペーンとして購入金額が1,500円以上で送料が無料となる。今後は、10月中に携帯電話からの利用にも対応するという。 出店方針としては、セブン-イレブンと同様にドミナント政策を中心に展開しており、全国展開を優先しているイオンや以前のダイエーと対照的である。このような効率的な経営が他社より高い利益率を生んでいる。そのため、四国・九州地方には店舗がなく、中国地方も岡山県岡山市・広島県福山市に出店しているのみである。 独立系だが、かつての三井銀行と縁が深い。三井物産とは物流などの面で提携関係にあり、共同でダイエーの再建に名乗りをあげた。また、2005年にはショッピングセンター(SC)開発会社「株式会社モール・エスシー開発」を三井物産と共同出資で設立し、従来あまり注力していなかった大型ショッピングセンター事業を本格展開、「Ario(アリオ)」として各地で開業している。 [編集] 創業の歴史 1920年(大正9年)、現名誉会長・伊藤雅俊の母親・伊藤ゆきの弟にあたる吉川敏雄が、浅草に「羊華堂洋品店」を開業したのが始まり。この羊華堂が非常に繁盛したため、吉川と14才の差がある異父兄・伊藤譲が手伝い始め、浅草、千住、荻窪に3店舗あるうちの浅草の一店を任される。 譲の弟である雅俊は、市立横浜商業専門学校(現・横浜市立大学)卒業後、当時の三菱鉱業(現・三菱マテリアル)に就職。入社後すぐに、陸軍特別甲種幹部学校に入校し陸軍士官を目指したが、敗戦を迎え三菱鉱業に復帰。 空襲で焼け出されたゆきと譲は、足立区千住で羊華堂を再開。1946年、雅俊も三菱鉱業を退社し、羊華堂を手伝うことになる。 1956年、気管支喘息の持病を患っていた譲社長が死去し、雅俊が経営を引き継いだ。1971年、現在の社名であるイトーヨーカ堂に改称。 ハトの図柄のコーポレートアイデンティティ(CI)も同時に採用。 [編集] 持株会社への移行 GMSの中では、トップの利益率を誇ってきたが、2003年度、2004年度ともに売上高、営業利益でイオンに抜かれた。また、子会社だったセブン-イレブン・ジャパンに収益力・株式時価総額で逆転されている状態で、買収の標的にされやすい状況であった。 この時期、同様の状況にあったニッポン放送がライブドアによる買収の標的となっている。 セブン&アイ・ホールディングスのCIマーク看板に変更されたイトーヨーカドー八戸沼館店(ピアドゥ) これらの改革として、2005年9月1日にセブン-イレブン・ジャパンおよびデニーズジャパンと共同で「セブン&アイ・ホールディングス」を設立し、持株会社傘下でそれぞれ対等な子会社となった。これによってセブン-イレブンからの配当収益が受けられなくなり、単独での収益改善を迫られることとなる。最高経営責任者の鈴木敏文は、この経営統合はイトーヨーカ堂の改革のためだと、持株会社発足時の会見で述べている。 また店舗看板も「セブン&アイ・ホールディングス」の図柄に変更されたが、イトーヨーカ堂のCIとしての鳩マークが廃止された訳ではなく、公式サイト内やチラシにおいては現在も引き続き併用されている。 経営統合後、不採算店舗の閉鎖が急ピッチに進められており、2006年度に入ってからも、いわき植田店(福島県いわき市)・足利店(栃木県足利市)・鹿沼店(栃木県鹿沼市)が既に閉鎖されている。また、2007年2月までに北四十二条店(北海道札幌市)・江別店(北海道江別市)・浜松駅前店(静岡県浜松市)・新潟木戸店(新潟県新潟市)を閉鎖することが決まっている。このほか、秋には小牧店(愛知県小牧市)を閉鎖することが検討されている。 [編集] 海外展開 中華人民共和国北京市に6店舗、四川省成都市に2店舗を展開している。2005年の中国における反日活動の際に店舗が被害を受けたものの、現地人などから「腐った商品が陳列されていない」という理由から人気が高く、1店舗当たりの年間売り上げは、約80億円と国内店舗に肩を並べ今後も急成長する可能性がある。 [編集] 創業・会社設立時期 創業は1920年(大正9年)であるが、1958年(昭和33年)4月に「株式会社ヨーカ堂」として法人化した(後の株式会社伊藤ヨーカ堂)。 1971年3月1日には、株式の額面変更のために「川越倉庫株式会社」(1913年(大正2年)3月設立)から改称した「株式会社イトーヨーカ堂」が伊藤ヨーカ堂を吸収合併、この法人(旧法人)による事業が長く続いたが、旧法人と持株会社の資本関係適正化のため(セブン&アイ・ホールディングスに詳しい)、旧法人が会社分割(新設分割)を行い2006年(平成18年)3月1日に当社が設立、旧法人のほぼすべての事業を承継した。 資本金 400億円(2006年3月現在) 店舗数 181店(2006年1月末現在) 雇用契約者数 約6万5千人(2006年1月現在) [編集] 沿革 1920年(大正9年) - 「羊華堂洋品店」が今の東京都台東区浅草に開業。 1958年(昭和33年)4月 - 株式会社に改組、株式会社ヨーカ堂設立。 1965年(昭和40年)6月 - 社名を株式会社伊藤ヨーカ堂とする。 1970年(昭和45年)10月 - 株式額面変更の準備として川越倉庫株式会社の社名を株式会社イトーヨーカ堂に変更する。 1971年(昭和46年)3月 - 株式会社イトーヨーカ堂が株式会社伊藤ヨーカ堂を吸収合併して、株式額面変更完了。 1972年(昭和47年)9月 - 東京証券取引所市場第2部に上場する。 1973年(昭和48年)7月 - 東京証券取引所市場第1部に指定替えを受ける。 1984年(昭和59年)4月 - エスパ1号店を東京都昭島市にオープン。 2005年(平成17年)9月1日 - イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの3社で株式移転により持株会社・セブン&アイ・ホールディングス設立。これに伴いイトーヨーカ堂は8月26日に上場を廃止し、新持株会社の100%子会社となった。 2006年(平成18年)3月1日 - グループ再編手続きでイトーヨーカ堂に交付されたセブン&アイ株をセブン&アイに移転させるため、従来のイトーヨーカ堂をセブン&アイに吸収合併した。これに先立ち、同日に事業会社たる新会社の「株式会社イトーヨーカ堂」を会社分割により設立。 2006年(平成18年)6月1日 - これまで神奈川県厚木市内の生鮮センターで扱っていた神奈川県・静岡県全店舗と八王子市内店舗における生鮮・青果部門の輸送を分割し、横浜市中央卸売市場南部市場内に「横浜青果センター」を開設。 2007年(平成19年)6月 - 東京都・埼玉県内店舗における生鮮・青果部門の輸送を分割し、大田市場内に「大田青果センター」を開設予定。 2007年(平成19年)9月 - 総合スーパーが運営するネット通販では最大規模となる、約10万点の商品を取り扱うショッピングサイトを開始。注文した商品については、全国のセブン-イレブンで送料・手数料無料で受け取れる。 [編集] 店舗一覧 アリオ内 札幌店 奈良店(旧奈良そごう) [編集] 現在の店舗 現行店舗については、イトーヨーカドー 店舗のご案内もしくはイトーヨーカドー店舗ブログ案内をご覧のこと。 [編集] 閉鎖した店舗 この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。 [編集] 北海道・東北地方 北海道 大麻店(おおあさ、江別市) 現在はアークスグループの「ラルズストア」が入居 帯広店(旧店舗) 月寒店 2001年6月10日閉鎖 現在はカウボーイが入る。のちに近隣のエスパ福住店はイトーヨーカドー福住店に業態転換。 イトーヨーカドー専門店館(旧琴似店→ザ・プライス→5588KOTONI) 2003年8月31日閉鎖 北四十二条店 2007年1月14日閉鎖 2007年5月にパチンコ店ガイアとゲームセンターアドアーズが進出、同年7月13日にドン・キホーテが出店 江別店 2007年1月21日閉鎖 店舗内にあるロッテリアと前にある宝くじコーナーだけ営業継続中。 秋にマックスバリュなどが出店し、「イオンタウン江別ショッピングセンター」として再開予定。 青森県 イトーヨーカドーマルキ(五所川原市) <旧:マルキ飛島>、郊外の「エルムの街」にイトーヨーカドーが出店するため、移転という形で閉店。 八戸店 2003年2月23日閉鎖 現在は映画館「八戸フォーラム」や洋品店「マルマツ」等をはじめとしたテナントビル「cino(チーノはちのへ)」として営業中。 同店は八戸沼館店(ピアドゥ)開店後もしばらくは営業を続けていたが、不採算のため閉鎖。 八戸地区の店舗は八戸沼館店に移行した格好となった。 岩手県 北上店 2000年1月30日閉鎖(現在はテナントビル「おでんせプラザ ぐろーぶ」) 福島県 郡山店(旧店舗・現在の場所とは異なる) 白河店 2002年5月26日閉鎖(現在はわしおストアー他) いわき植田店 2006年9月18日閉鎖(現在は藤越他) [編集] 関東地方 東京都 南砂町店(建物解体) 現在地にはジャスコ南砂店、ドイトを核とするトピレックプラザとなっている。 小岩店(旧小岩駅前店、現小岩店とは別店舗) 綾瀬店(旧店舗) ザ・プライス赤羽店(旧赤羽店、現在の赤羽店とは別の場所)1995年1月8日閉鎖 大山店 三鷹店 大森店(旧店舗) 旧・大森京成百貨店。イトーヨーカドーに売却後、「オーモリ京成」を経てイトーヨーカドー大森店に業態変更。 現在はオオゼキ大森店などが入居する複合商業ビル。 蒲田店 現在はつるかめなどが入店。 亀有店(旧店舗は1996年1月7日閉鎖→跡地はジャパンホームバリュー) 商店街奥から駅前の再開発ビル・リリオ(開店当時の店名は亀有駅前店だったが、数ヶ月後に亀有店に改称)に移転した。 さらに2006年に環七通り沿いアリオ亀有開店に伴い亀有駅前店に再度店名を改称している。 旧店舗は存続されず閉鎖したが、亀有駅前店は店齢が10年強と浅いためアリオ亀有開店後も存続している。 ただ、両店は数百メートルしか離れておらず、明らかな自社競合のため亀有駅前店の存続を疑う声が多い。 大井店 1997年4月6日閉鎖→跡地は食品スーパー、ドラッグストア、100円ショップなどが入店する「おおい元気館」 昭島店 2003年10月17日閉鎖(移転のため、新店舗は拝島店) 千葉県 志津店 1997年5月5日閉鎖→現在OKストア志津店・100円ショップ「シルク」・ロッテリア 稲毛店 1998年3月1日閉鎖→現在マルエツ稲毛店・ファッションプラザパシオス・ダイソー 長沼店(稲毛区)2003年2月2日閉鎖 野田店 2003年6月15日閉鎖→同じ場所に再出店予定(時期は未定) 四街道店(旧店舗)2005年3月21日閉鎖→現:M2プラザ四街道 新店舗はJR四街道駅近くの精工舎跡地に2005年4月に開店した。 八幡宿店 2005年4月17日閉鎖 鎌ヶ谷店 2006年1月15日閉鎖→鎌ヶ谷ショッピングプラザの核テナント「食品館イトーヨーカドー鎌ヶ谷店」として2006年4月20日営業再開。 君津店 2006年1月22日閉鎖 神奈川県 相武台店(建物解体) ザ・プライス溝ノ口店(建物解体)イトーヨーカドー溝ノ口店とは別の場所 大和店 2002年7月閉鎖 跡地はオリンピック→フィットネス&天然温泉施設 中央林間店 2004年1月25日閉鎖 建て替えられてサミットラプラ中央林間店となっている。 希望ヶ丘店 2005年5月15日閉鎖(現ライフ) 埼玉県 春日部店(旧店舗)1996年12月9日閉鎖 杉戸店 2003年1月26日閉鎖(現在はベルクスになっている) 上福岡西店 2004年11月7日閉鎖(現在跡地はディスカウントスーパーギガマート上福岡店になっている) せんげん台店 2006年1月15日閉鎖 茨城県 土浦店(旧店舗、建物解体)新店舗はJR土浦駅前。 取手店 2001年1月31日閉鎖 2001年4月にマルエツ、ダイソー、マクドナルドなどが入る複合商業ビルに変わったが、2007年4月26日完全閉鎖。 結城店 2004年7月25日閉鎖 高萩店 2005年6月5日閉鎖 栃木県 栃木店 宇都宮店(旧店舗)2004年9月26日閉鎖 足利店 2006年9月18日閉鎖 鹿沼店 2006年10月15日閉鎖 [編集] 中部地方 山梨県 韮崎店 2004年8月29日閉鎖(現:オギノ韮崎ルネス店、一部テナントは今も残る) 富士吉田店 2005年12月31日閉鎖(現:Q-STA、一部テナントは今も残る) 新潟県 新潟木戸店 2007年2月25日閉鎖 ザ・プライス長岡店 2000年8月 閉鎖 長野県 松本店(→エスパ松本店) 岡谷店 静岡県 浜松駅前店 2007年1月14日閉鎖 愛知県 小牧店 2007年9月2日閉鎖 [編集] POSシステム POSシステムは、日本電気製を使用。最近、機械を新型のものに替えている。セブン&アイマークが特徴。 [編集] 関連会社 セブン&アイ・ホールディングスを参照 [編集] 備考 イトーヨーカドーで発生した事件 2005年2月に愛知県安城市の安城店において、男が11ヶ月の男児の頭を包丁で刺し殺害し、そばにいた女性にけがを負わせる事件が発生した。男は事件発生から1時間40分後に同市内の自転車道付近で逮捕された。現在、名古屋地方裁判所にて公判中である。 元社長・伊藤雅俊は神奈川県平塚市の百貨店「梅屋」の会長職を務めている。 青森・秋田の一部では通称「イトヨー」と呼ばれる。 2006年3月より店舗ブログを開設。個々の店舗から地域密着型の情報発信を行うことに取り組んでいる(2006年11月11日現在、67店舗で実施)。 [編集] 関連項目 アイワイネット ネットスーパー セブン銀行(旧:アイワイバンク銀行) 女と男 聞けば聞くほど…(TBSテレビのトーク番組) クレヨンしんちゃん(イトーヨーカドーのパロディとしてサトーココノカドーが登場) 秋田ショッピングセンター タモリのスーパーボキャブラ天国(イトーヨーカ堂の前で、『「伊藤!」「よぉ、加藤!」』と呼び合うパロディネタが放送された) ザ・プライス [編集] 外部リンク イトーヨーカ堂(公式サイト) inserted by FC2 system